HOME > アルガトリウム Q&A

アルガトリウムに関するよくある質問に、Q&A形式でお答えします。

アルガトリウムについて

アルガトリウム(Algatrium)とは?

アルガトリウム(Algatrium)はマグロの頭部から得た魚油を精製したDHA含有精製魚油です。DHAの他にもEPA,DPAを含有します。長年の研究開発の末、DHA含有魚油が一定の法則により強力な抗酸化力と生理活性を持つことが発見され、特許を取得、現在世界特許申請中です。

アルガトリウム(Algatrium)の適当な摂取量は?

臨床試験では500mg/日から効果が確認されています。適当な摂取量は500mg/日〜1500mg/日であるとされています。3500mg/日摂取でシャープな抗酸化効果が確認されています。

アルガトリウム(Algatrium)は他のDHAとどう違うのですか?

アルガトリウムは特許に保護された、世界で唯一の強力な抗酸化力を持つDHAです。高濃度(DHA70%以上)、吸収性の高いトリグリセリド(トリグリセリドとして65%以上)、およびDHA分子を傷めない丁寧な製造方法という3つの要素がアルガトリウム独自の抗酸化力を持ちます。

1日のうちのどの時間帯にアルガトリウムサプリメントを摂取するのがベストですか?

アルガトリウムは1日のいつに摂らないといけない、食前食後、特に影響はありません。朝食時に一度飲めばOKです。昼でも夜でも構いません。ただし定期的に摂ることが望ましいと思われます。

アルガトリウム(Algatrium)をしばらく摂取して、その後摂取を止めてしまってもいいですか?

アルガトリウムを摂取して、ある日摂取を忘れてしまっても急に体に影響が出たりはしません。摂取をやめると少しずつ摂取を始める前の状態に戻っていきます。

アルガトリウム(Algatrium)を摂取しすぎると体に悪いですか?

アルガトリウムを摂取しすぎても体に悪いと言うデータはありません。摂取量は個人差もありますので体調に悪影響が感じられた場合は摂取をやめてお医者さんに相談することが望ましいです。

薬とアルガトリウム(Algatrium)を一緒に飲んでも大丈夫でしょうか?

アルガトリウムは他の医薬品と一緒に摂取した場合の相互作用や悪影響は報告されていません。ただし、常時医薬品をお飲みの方はお医者さんにご相談されることが望ましいです。

アルガトリウムには副作用がありますか?

アルガトリウムは数々のヒト臨床試験において副作用の報告は全くありません。もともとDHAは日本は勿論、世界中で非常に安全な食品素材として食されてきていますが、アルガトリウムもスペインや欧州においてサプリメントやDHA牛乳などにおいて長年多くの消費者に親しまれてきています。その中でも副作用の報告は全く無く、非常に安全な食品素材であると言えます。

アルガトリウムサプリメントを摂取すべきですか?

アルガトリウムはDHAを多く含む魚油です。DHAは私たちが体内で生産できない必須脂肪酸で、健康な生活には必要不可欠とされています。私たちはアルガトリウムサプリメントを摂取することにより必要不可欠なDHAを体内に取り込むだけでなく、酸化ストレスに起因する細胞の老化というほとんど全ての病状に関連する問題に対策を立てているのです。

アルガトリウムは抗酸化力が強いので酸化しないのですか?

アルガトリウムは体内において細胞の抗酸化防護システムを活性化することで強力な抗酸化力を発揮しますが、アルガトリウム自体は抗酸化成分ではなく魚油です。アルガトリウムも他の魚油と同様に酸化します。

アルガトリウムと他の抗酸化成分の違いは何ですか?

他の多くの抗酸化成分はそれ自体が抗酸化力を持ちますが、アルガトリウムはDHA魚油であり抗酸化成分ではありません。アルガトリウムのDHAは体内において細胞に取り込まれることにより細胞の抗酸化防護システムを活性化し、私たちが誰でも体内に持つグルタチオンという強力な抗酸化成分を増加させ、初めて抗酸化力を発揮します。抗酸化成分を飲むということではなく、体内の抗酸化成分を増加させるという意味で非常に効率の良い抗酸化法であると言えるかも知れません。

グルタチオンの増加がアルガトリウムの高い抗酸化力をもたらすのならグルタチオンを飲めば良いのではないのですか?

グルタチオンは日本では医薬品として分類されています。また、グルタチオンを飲むことが実際に体内のグルタチオン濃度を上げるということについては疑問が持たれています。一般にグルタチオンを飲んでも、グルタチオンは体内でその構成要素であるアミノ酸に分解されてグルタチオンそのものの濃度を向上させるという確かなデータは不十分であると言われています。

アルガトリウムの摂取でグルタチオンが増えすぎて害になりませんか?

アルガトリウムの摂取によりグルタチオンが増加することは、細胞が自分を守るために細胞の抗酸化防護システムを活性化することによります。細胞の状態を最適化するための保護システムですので細胞自身の害になるような過剰なグルタチオン増加にはつながりません。

アルガトリウムを製造しているのはどこの会社ですか?

アルガトリウムはスペイン、バルセロナのブルディテクノロジー社で製造されています。
Brudy Technology, S.L.
Riera de Sant Miquel, 3, 08006 Barcelona Spain
www.brudy.net

「アルガトリウム」はBrudy Technology,S.L.の登録商標です。

  • アルガトリウムの抗酸化作用
  • 老化とアルガトリウム
  • アルガトリウムと肌の健康
  • アルガトリウムと眼の健康
  • アルガトリウムとスポーツ
  • アルガトリウムと脳の健康
  • アルガトリウムと心臓血管の健康
  • アルガトリウムと他の健康

14.11.20
アムステルダム(オランダ)で開催されるHi Europe展示会(12月2日~4日)を訪問します。ご
面談ご希望の場合はご連絡ください。